12月10日

女の子は正義だ。と、思いたい。男の子はなんだろう?まだしっくりくる言葉が見つからないけど、等しく尊い。どちらも。歳を取っても私は女の子と男の子という存在を、「あー愛おしいなあ」と思い続けたいなあなんてことを思う。生意気だなあとかアホだなあとか、中にはサイテーなやつもいるでしょうが。まあ、基本的に誰もが通った道じゃない?そんな偉そうにばかにするなんてこと、できないよ、できません?ずっと忘れたくないと思う。だからこそ女の子だった自分もひっくるめて、この若さ、愚かさも含めて忘れずに否定せずに受け入れたいなんてことをたまに考えます。概念ってやつですか?頭悪いのでそういう難しい単語はようわからんですが……。大人になるとほら、こう、政治や社会問題に口を挟んでしまったりするでしょう?お金とか。性欲とか。だんだんジャンクな食べ物も食べられなくなったりするしね。それって若さじゃない。だから大人になっても40超えても「マック最高!王将最高!えーと、あと二郎最強!」っていう人、いいなあ〜〜って思う。思うよ。若いもの。すごく素敵なことだよ。肝臓が弱ったりするとまあまあショック受けたりするものじゃない?若いからって未来が無限大だとは思わないけど、生命体としての、なんか。数学や歴史が将来なんの役に立つのかわかんないから嫌い!っていうのは、大人になってからそういう嫌いだった学問を楽しめることよりも、私はなんかいいなあって思います。そうそう、嫌いだったんだよ。なんで好きになっちゃったんだろう?って。医学の歴史なんて本読んでなに地味に興奮して人に語っちゃったりしてるんだろう?って。難しい本買っちゃってそれでなんか頭良くなった気になって埃かぶっちゃうとか。そういうのは今もある。昔から変わんない自分っていうのは、とても良いものだ。あの頃は食べられなかったカボチャとかピーマンとか蓮根とか玉ねぎとか、今は食べれちゃう。フルーツは未だ食べられないけど。もちろん、改善しないとダメな部分はあるけどね。大人なんだからきちんとしないと、そこは。もちろん、大人は大人で楽しいし素敵だ。


PAGE TOP