穏やか

交通事故に巻き込まれる夢をみた。
父が車を運転してて、私は後部座席に。父は時たま車を追い越そうとするけど向かいから車が来るのに危ないだろと私がなんども注意するんだけど。父は言うことを聞かない。何度目かでついに車に衝突。「あーこれ当たるわ」とぶつかる直前に思った記憶がある。
ぶつかったあと、知らない男性が車を止めて事情を確認しに来た。ちなみに向こうの車の人は死んでた。私は無傷。右手親指の付け根にアザができたくらいだった。私はその知らない男性と2人でどこかへ消えた。銀行員とか言ってた気がする。私は「また違う男連れてるよ」とヒソヒソ周りの女たちから言われていた。親父はどこへ行ったのか。

目を覚まして、夢の内容を覚えてる時って、ついつい夢占いで検索しちゃうよね。
交通事故の夢は不吉であることが多いらしいけど、無傷の場合はまあまあ良い意味らしい。でも血液型占いくらいに根拠が無いだろうから、まあ気休め程度に。

チューリップを前に買って、1週間くらい経った。一輪挿しがちょうどいいね。目への負担が少ない。束になってる花は情報量が多すぎて目障りになりがちである。それにしてもチューリップってこんなに花びらが大きく開くのか。私が知ってるあの形とは大きく異なっていた。
そろそろしおれる頃なので、新しく花を買おう。狂ったように花を買っていた頃から目は覚めた。

今週の日曜は東京へ一泊する。ウォン・カーウァイの映画が今年もやるらしい。そのために行ってくる。運よく友人らにも会えるので久々に楽しめそうだ。

もっといろいろ書きたいんだけど日々何も起こらないので特にこれといって現実逃避したくなることもないし、吐き出さなきゃやってられない気持ちもあまり無い。少し前は狂ったように尖っていたけど、今は大変穏やかである。いつまで続くやら。


PAGE TOP