疲れてる

先日「きっと、うまくいく」というインドの映画を見て、ラストにパンゴン湖という大きな山たちに囲まれた湖が現れた。ほとんど海みたいなものだった。中国(チベット)にあって、有名な場所らしい。山と湖か、いいなあと思って先日富士山の周辺にある湖をまわった。
なんか違った。湖はどんよりしているし、もっと遠くに並んでる大きな山を見たいのに近いし、小さいし。そりゃ日本の土地の大きさで中国にかなわないよなあ。ていうかチベットって正式に中国の国になってたの?(調べたら一部が中国の領土という意味だった)

丸々1ヶ月人と会っていない。もちろん実家暮らしなので親とは嫌でも顔をあわせるし会話だって十分するんだが、犬ももちろんいるんだが、昨日ドラッグストアの販売員に声をかけられた時こもった声しか出なかった。「だいじょぶです…」日本語に疎い外国人みたいな声を出した気がする。顔も引きつってた。ああ…
こんなに人との交流をしない期間を得ていると、だんだんそれが平気になってきてしまって、いる人もいない人に感じてきて、本当に1人になってしまっても自分の感情が大きく揺れたり動いたりすることは無さそうだ。好きな人も最初からいなかったことにできてしまいそうなくらいだ。全部最初から存在しなかったのかもしれない、そんな風に錯覚することさえできてしまいそうなくらいに慣れた。

「今暇?」とメッセージが届いて、2〜3時間後くらいに新宿か渋谷で待ち会って、そのままどこかで飲むなんていうのが懐かしいし恋しく思う。自分はもうそういう生活と縁がないのだろうか。これから自分はどういう暮らしをしていくのだろうか。ふと思う。若干の不安…

犬を見てると私も世話をされたいと思う。褒められたい。抱きしめられたい。犬にそんなことを思うのはおかしな話だな、疲れているんだ…あるいは心が病んでるんだろうな
カメラを買ったけど、カメラで何かを撮るときは強い集中力がいる。そもそも自分が何に対して「良い」と思ったのか、「良い、撮りたい」と思うにはよく観察していないといけない。立ち止まらないといけない。何かに気を取られてると「あっ」で素通りしてしまう。病んでる人間には難しいな。修行に近い。

ああ世話をされたい。褒められたい。抱きしめられたい。
自分はずっと1人なんだろうか?親が死んだら本当の孤独が待っている。私はその時に備えて結婚をしてしまいたいんだが…世の中の人と結婚に対する考え方が違うな。でも誰でも良いわけではないのは、そりゃそうだ。
世話をするくらいできる。世話をしたらなおさら褒められたい。
疲れてるんだよ馬鹿野郎。部屋を探す元気が5月まで残ってるだろうか?

自分が恵まれていないなんて思わない、少なくとも今残ってる付き合いのある人たちはかなり良い人たちだと思う。それでもやっぱり、男にも女にも出会いに恵まれていない…のだろうか?と感じてしまうことは正直無くはない。
過去を思い出すと運が無いなと思うこともまあまあある。
今やってる仕事については、恵まれている方だとは思う…十分過ぎるくらいだ。
悪い出会いすらないほうがつらいようにも思う。そんなことはないのかもしれないけど、こんなどうしようもないクズ男でも愛してくれるから捨てられない、みたいな感情。実体があるだけ私よりマシにも思うがそういう問題じゃないんだろう。
なんでこんななんだ?なんで?たまに呟きそうになる。言わないし思わないようにもしてる。

せめて酒が飲めたら楽なんだけど。こんなんでも酒を飲まないしオーバードーズもしない私は強いんだか弱いんだかよくわからないな。飲んで吐いたり暴れたりするくらいなら、飲まないほうがマシというだけ…


PAGE TOP