さいきん

今年に入ってから少し、いやだいぶノイローゼ状態になっている。頭の中で常に考え事をしてしまうため、休まらない。ツイッターをずっと眺めてる方が楽。でも多分一番いい頭の使い方は本を読むことだと思う。たとえば力一杯走って、走り終わった時の達成感や爽やかな気持ちが読書の終わりは感じられる。物語に集中するってマラソンやランニング何てると私は思う。本を開くまでは苦痛だし、物語が盛り上がるまでは本当に退屈だけど、それが過ぎるとハイになる。その気持ち良さをもっとたくさん知れたら本を開くまでの時間が短縮されるのだろう。今日はもうこんな時間だが頑張って本を読もうと思う。ブラームスはお好き、がもうすぐで読み終わるので、日記を書き終えたらすぐさま読書に入りたい。それが読み終わったら、またもう一度悲しみよこんにちはを読むんだ。何度読んでも面白い小説に出会えたのはこれが多分初めて。そういえば去年の今頃も読書に励んでいた気がする。色々読んだけど結局どれもイマイチだった。江戸川乱歩夏目漱石安部公房もどれもピタリとハマらなかった。カミュは昔読んですごく面白かったけど途中本を開くのがつらくなってしまって、気がついたら本がどこかへいってしまったな。その本が棚の奥にあるのを今の私は知ってるから、またそのうち読むことにする。実は読書が一番捗る場所は電車の中なんですよね。電車の中でなら無限に読めてしまう。電車に乗りたい。日曜、東京に行くから、その時も本を読もう…


PAGE TOP