嬉しかったこと

新年も迎えて落ち着きましたし、初詣にも行っていないことに今初めて気が付き、長い長い吐き気との戦いが終わったちょうど今なので、重い腰(まあ指ですが)をあげてちと文章を綴るとしますか。

まず去年の冬、年も終わるという頃に嬉しかった出来事が1つ。

Instagramで私が「素敵な本をたくさん扱っていていいな」と思っていた、韓国のおそらくソウルにあると思われる出版社…本屋もやってらっしゃるんでしょうか、そちらの人からダイレクトメールをいただいたことです。「ぜひ一緒に作業したいです。具体的な計画が決まったらもう一度お知らせしたいです。もしよかったら私たちの本もあげたいです。」とカタコトな日本語を送っていただきました!

とても嬉しくてすぐに返事をしました。年末も近かったこともありまた正月も続いたからか返事は途中で途絶えましたが、彼らが企業用アカウントとして作ったtwitterアカウントに早速フォローもしてもらえたので(よかった気に入ってもらえてる!)と慰められました。このことは去年一年の中で一位に輝く出来事でしょうね。

とはいえこういう世界では計画・企画倒れは珍しくないので、そんなに期待しすぎるとあとあとしすぎていた自分が情けなく思えてしまうもの。自分が気に入ってるところに気に入ってもらえた!という事実のみをまずは喜びます。

Instagramイラストレーターやアーティストの人たちをよく見るようにもなって、その中でも韓国はよく目につくんです。「この絵いいな」と思ってプロフィールに飛んでみるとだいたい韓国人。たまーに中国人。ここらへんは日本も含め国同士が近いから、好みも似てるんでしょうね。ドラマや映画に関しては中国台湾香港が私はお気に入りでしたが、イラストレーションや漫画に関しては韓国が今は一番お気に入りです。芸術や文化を通してその国に興味好奇心を抱いて好意を持つ、というのは健全で正しいです。

そんなわけで最近は韓国語の勉強に手を出し始めていて、まだ6pくらいしか読めていない…ということはせいぜい子音と母音の区別がつくくらいのことしか学べていないわけですが。でもこれだけ好奇心も強いと頭にはすんなり入ってくるので、もう少し頑張ろうと思います。明日は2項目読むぞ。

くわえて近頃は毎日よく絵を描けてます。誰も褒めませんけどね、褒められたくて描いてるわけではないからいいですけどね。ハハ でも、半年前よりだいぶ絵が上手くなったと自覚してます!

 

それにしてもですが、こんな私も体調が優れない時はとても不安になります。長い吐き気との戦いを終えた今だからこそこうして気分のいいことを書けますが、終えるまではそれはそれはもう地獄。吐きたくなくても弱音を吐いてしまうというのはまさにこういうとき。誰かそばにいてちょうだい、声でもいいから聞かせてちょうだいと思わず泣いてしまうくらいです。手をぎゅっと握ってくれるだけで落ち着くかもしれないのに!!と思うと、孤独は不治の病ですね。耐えられる人はいないでしょう。

楽になったなら早く寝ましょう、さっさと寝てしまって朝を迎えましょう、私の体調不良は去年の秋からずっと続いています。早く楽になりたいと思いながら毎日ご飯を食べます。慎重に…


PAGE TOP