じぶんの救いかた2「熱海へ」

山と海。両方を兼ね揃えたい熱海にでも行けば、自分のくすんだ魂が救われるかもしれない…そう思いながら重い腰を上げて電車に乗った。熱海へは電車で40分ちょっとで着いてしまう。自分にとってはとても身近な土地で、新鮮味のかけらもない(温泉があるということ以外はまったく)退屈な場所である。

1時間近く延々と歩いて、借りたカメラを片手にうろうろとするも、特に撮りたいと思う風景もなく、ただ寒いということと、海も山も退屈すぎるということ以外に感じることはなかった。電線や廃れた建物を趣味にしている人にとってはオアシスだろうけれど、残念ながら私はそのどちらも趣味ではなかった。

のどかで穏やかすぎた。そんなことは行く前からわかることだが、歩きながらそれを強く感じた。のどかさや穏やかさに身を委ねられる人間は基本的には暮らしの中に孤独がない人・金(余裕)がある人だろう。私は日々孤独を感じるし、酒か薬を手放せないくらいには余裕がない。救急車のサイレンに人が注目するくらいにはのどかなのだ。そういう静けさはうんざりするほど毎日朝から晩まで味わっている。

どこを見ても老人かカップルか大学生らしき男たち…1人で歩いてる若い女は、私の視界の限りはいなかった。男を歓迎するスナックやキャバクラやソープの数の方が圧倒的に多いことにもまた驚いた。ここはまちを歩く場所ではなくて、リゾートホテルで優雅にくつろぐ場所なのか…そう納得せざるを得なかった。それは私にとってあまりに価値のないものだった。

私が価値のあるものだと思うものは、若者の群れと、それによって生じる雑音(騒音でも良い)、人がいる公園、映画館や劇場などの文化的施設、活気のある商店街、……

つまりそれは、若者と、人が集う場所なのだろうと。都会、それは都会のことだ。私は食べ物に高い金を払う趣味も、ブランド物をありがたがる趣味も無いが、友人や誰かと時間を過ごすことにはなるべく金は払いたいところである。私は友達が地元に1人もいない。

結局のところ私は1人が退屈なのだ。自分の住んでいる土地が嫌いなのは、退屈で仕方がないからなのだ。1人を楽しむためには、少なくとも私には活気が必要で、動かない景色や風景には何にも魅了されないのである。雲の方がまだ活気があるなんて……。

1人が嫌というわけではない。本当に1人が嫌だったら、1人で熱海へなんか行かないだろう。御殿場のアウトレットにだって行きやしない。でも後者の方が圧倒的に退屈することなく、満足して家に帰ることができるものだ。あそこにはうるさい外国人観光客と、若いカップルしかいない。でもその方が私は安心する。少なくとも誰も歩いてないシャッター街を通るよりは…。

ただ、自分にはのどかさや穏やかさを楽しむ趣味は無いのだということがハッキリとしただけでも、大きな収穫ではあった。心ではないということ。たんに私は、もっと別のものを楽しむ心がきちんとある(都会を歩く、都会で出会う)のだ。それは自分にはまだエネルギーが有り余っていることも証明する。私は元気で、そして活発なのだ。

歩きはしたが、エネルギーは有り余っている。仕方ないのでカラオケにでも寄って、飽きるまで歌って帰ることにする。

f:id:vaginally:20171124145104j:image

 

 <追記>

さて今回はモヤモヤとするだけの動きだった。改めて自分は散歩が苦手だと思い知らされました。でもそれを文字にして書くというのは結構楽しいものです。じぶん救いシリーズ、次も書けるように心掛けたいものです。次は何にしましょうね。今ハマってる人物についてでも書きましょうか。そうしましょう。


PAGE TOP