日記

また東京にいました。この二日間、なかなか予想していたよりも充実したものになりました。感謝でございます。

会いたいと思っていれば、人はいつか会えるものなのだということを実感しました。会う形はどうであれ、生身の会いたかった人に会えることはすばらしい。やっぱり全然違う。血が通っている肌の質感、体を動かすたびに筋肉だとか関節だとかが伝わる。声だって振動として伝わってくる。距離が近ければ近いほど匂いも伝わる。

すごいなあ。リアルってすげーぜ。

そんなことを、最終的に東京ジャズのライブであらわれた菊地成孔さんを眺めて考えていた。本日の東京主張(プライベートです)にて最後の会えた、会いたかった人です。すばらしかったね。サックスの音が鼓膜から伝わり脳を直で愛撫し、そのまま性感帯を刺激してきました。

はてさて。それはそうと、昨日は憧れの大塚咲さんとお茶をすることができて、幸せなひとときを得ました。あんな他愛もない話で笑い声をあげられたのは私にとっては珍しいことだった気がする。

東京は本当に人と人を結びつけるなにかがあるよね。住むにはちょっと大変なのがつらいところなんだけど。(家賃とか、人の多さとか、街の汚さとかね)

まあ、小田急線で町田寄り方面でいつかまた一人暮らしができたらいいかなあとかなんとか。26超えたらでいいかな。そのときにも今の仕事が続けられてるといいんだけど。さてどうなることやら。(まあ、なんとかなってるんじゃないかという気持ちも少しはある)

あ。

昨日サングラスを買った。ちょっといかつい。サガンがつけてそうでイかしてるぜと思い1500円に値下げされてたので、つい…。似合うといいんだけど。恥ずかしくてまだつけてない。帰ったら仕事しよ。


PAGE TOP