孤独の人

f:id:vaginally:20170808131308p:plain
夜の東京が好き。というのは、もう何度も言ったかと思います。でもそれくらい私は夜の、特にほとんど人が出歩いていない(皆帰るべき場所に帰ってしまった)時間帯の東京が好きです。
眠らない街なんて存在しない、眠らないのは人間であって街そのものではないんだということが自分の目で耳で空気でよくわかります。
特に神田駅を降りて、道を誤って銀座の方面まで歩いてしまった23時過ぎの日のことは今でも思い出深く記憶に残っています。
街灯がキラキラとしていて、星なんかひとつも見えないスモークみたいな暗い空。ビルの窓の明かりは消えていて、時折歩くサラリーマンのカツンカツンという音が優しい風とともに響き渡る。

自分の生まれ故郷、住んでるこの土地を何度も何度も抜け出したがるのは私の非常に悪い癖であることは自覚しています。でもここにずっと居続けることが、私にとっては恐怖なんです。それは退屈と不安との隣り合わせ。
結局昨日も私は今の暮らしが続く(あるいはもっと悪い暮らしになる)ことが恐ろしくて、夜目を瞑って眠ろうとすると怖くて怖くて頭がどうにかしてしまいそうになって、助けを求めるようにしてカッターを手に取り、私は自分の首を何回も切りました。
刃は古くなっていたのか全く切れず。でも人は死に執着するととても冷静になります。刃を研ぎました。そして鏡で位置を確認して、指で皮膚をピンと張るようにおさえて、刃をスライドさせました。
幸いそれはかすり傷程度の薄い傷ですみました。私は死にたいなんてほんのわずかすらも抱いていなかったのですから。死にたい人は死ねばいい。死にたくないなら死ななければいい。私は生きたいから生きたい。それでも生きているのがつらくて、狂ってしまう夜があるんです。

退屈に負けたくないという気持ち。つまらないことをしたくないという気持ちが次第に強くなりました。
女らしくなるために、男の人に愛されてみるために伸ばし始めたこの髪も、1年でだいぶ伸びました。鎖骨より下まであるし、ポニーテールもちゃんとできます。でもそれだけ。なんて退屈でつまらないんだと呆れてしまった。昨日。
そういうわけで最近見つけた可愛いチャイナガールの髪型をそっくり真似てみようか、今日はずっとそのことばかり考えて、友達に「どうかな似合うと思う?」なんて聞いてみたりしている。わかるわけないですね。
いくらこんな大胆になりたがってても、似合わない髪型にする勇気はない。理性が働いてリスクを考えてしまう。それって別に賢いことじゃないんです。つまらないだけなんですよね。




あそこ…読売ランド前駅最寄りで部屋を借りたい。
ほとんど山みたいに坂がすごくて、でも上の方からはすごく眺めがとっても良くて気持ちいいんです。昔好きになった男の子がそこに住んでて、景色が良くって気に入ってしまったんです。家賃も安いし、町田もすぐ近くにあるし、快速に乗り換えれば新宿だってそう遠くはないし。

ずっとここにいるのは辛すぎる。引越し資金のために少ない収入から毎月お金を貯めてる。たった2万。たった2万だけど、1年貯めれば24万にはなるでしょ?2年貯めればもっと。。余裕があればもう少し貯蓄額増やしてもいいし。(ちなみに100万を超えてから初めて「貯蓄」と呼ぶらしいです)

これでも私は健康を尊いものだと考えているし、母も父も大事だと思っているし犬は私の宝だし友達は財産だと思っている。
私のこと何も知らない人、知ろうとすらしない人は、私の顔見て「怖い」だとか「病気」だとか言うけど、本当は優しくて愛嬌のある顔なんだよ。
怖くて病んだ顔に見えるのは、あなた方が私をそういう人だと思いたいだけなのではないのでしょうか?


PAGE TOP