恋は狂気、愛は呪い。

恋は盲目、という言葉は古くからありますが、もう盲目では済まされないということに色んな人が気付いているんではないでしょうか。
f:id:vaginally:20170709132806p:plain
恋は狂気だし呪いだと思う。相手の全てを奪おうとしてしまうし、逆に自分の全て(命さえも)を捧げようとしてしまう。他人の言葉なんて聞く耳持たずに「私たち愛し合っているから」と閉ざされた空間に自ら身を突っ込んでゆく。中では殺人が起きているかもしれないが、誰も知る由もない。


または。
間違いなく今この瞬間私たちは愛し合っている、相手は私のことを愛してくれているけれど、明日はどうなっているのだろう?突然別れを告げられて音信不通になってしまった日には私生きていけるのだろうか?
ふとした瞬間にそんな恐ろしいことを想像してしまう。
「もしかして付き合わないで最初から曖昧な関係にしておけば、そんなことを心配せずに済むのかも…」
そんな風に自分がなるべく傷つかない方法を探し出すけれど、でもまたふと気付くのだ。
そんな、受験勉強が嫌いだから名前を書くだけで合格できる学校を選ぶ。みたいな、甘ったれた人生の歩み方を、大人になった今でも私はするんだろうか?リスクを恐れ戦わずして、目先の安心(長期的に見るとそれは仇となる)を手に入れてしまう、そんな人生の方がよっぽど恐ろしいんじゃ?

時間を無駄にしたくないという気持ち。それは「もう恋愛なんかいい、結婚をして家庭を持ち、生きる義務を背負いたい。」という意味である。しかしそれは、東大に合格することと同じくらい努力が必要で困難も多くあることなのかもしれない。
生きる義務を背負いたいがために、最中に別れを切り出されるのが怖いから恋愛をしないという選択肢を選ぶのは。それって名前を書けば合格できる学校を受けて、結局馴染めず1年で退学してしまった若かりし頃の自分と同じ末路を歩む羽目になるんじゃないのか。

そんな風に色々考えているうちに、言葉や絵が頭の中で暴れまくって吐き気を催し、深夜2:30レキソタン2錠を白湯とともに飲むなどしたのが昨夜。
控えめに言ってもこれは地獄だ。
「ああ、呪いだなこれは。」


一度ハマると抜け出すのは困難になる。盲目はそこから始まるのかもしれない。そしてそれはやがて狂気へと変わっていくのだ。
鬼のようなマシンガンLINEを送り始める。「ねぇねぇこの関係、大丈夫だよね?良好だよね?まだ私振られないよね?」確認作業です。
そんな狂気におかされてたまるか!理性で振り払って正気を取り戻す。とりあえず、なんか情緒不安定なのは気候と生理前のせいにしておけば、大体のことは解決される。
ああそうだな、そろそろ私は生理がくるんだな。豆乳でも明日買ってこよう。
それから念のため、不安定時にはレキソタンを飲んでおこう。
気分転換に外食なんかもするといいかもしれない。明日は母も休みなので、どこかで甘いものを食べに行こう。

恋は盲目

恋は盲目


PAGE TOP