全部夏のせいにしよう

f:id:vaginally:20170628212902p:plain
今週の金曜は、bunkamuraウォン・カーウァイ監督作品の「恋する惑星」を観る。
そのあとできたらお酒とご飯を持って水タバコ屋さんへ行ってみたいから、映画を観る前に伊勢丹の地下でお惣菜を買いたい。資料用にその周辺の写真をたくさん撮っておこう。
(あとから気づいたけど渋谷に伊勢丹はなかったね、てことは東急で買えばいいのか?)
その日は浅草の予約してあるホテルに泊まって、翌日はその周辺を見物。
芳味亭のプリンが食べたい。プリンだけ食べたいけど、許されるのかな〜。
あんまりお金をかけずに楽しみたい。
そうだ大きな書店で色々本を買わないと。ブックオフで雑誌を買い漁るのもやっておきたい。
服は買わない。
何着て行こうかな。一応仕事もあるからそんな浮かれた服装はなるべくしていきたくないな。ウーン

今日晴れてから外に出たらすごく暑かった。ムッとした重たい空気が襲いかかるあの感覚は紛れもなく夏だった。
「あ〜今年もこの季節か〜」
暑い暑いと眉をハの字にしつつも、心の中ではどこかでワクワクしている自分。よくわかんないけど夏が来ると自然と楽しいことも起きる気がしてしまうのだ。
あらゆるトラブルも、夏だったら「マア仕方がないよね」で済まされる気もする。

久しぶりに自分の履歴書見たら前のバイトやめてからもうすぐで丸2年経つ。いや3年か?
やべ〜。もう残された時間も少なくなってきたなぁ。人生。社会。

恋する惑星 [DVD]

恋する惑星 [DVD]


PAGE TOP