読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アベマプライムみた

昨日アベマプライムっていう番組でツイッターでフォローしてる人が出演するってんで観てみた。
menhera.jp
理解があるからこそ慎重に丁寧にわかりやすく語ってくれる人や、あまりに未知な世界すぎてめっちゃ初歩的な質問や的外れなことを言う人や、もはや一切関心がなくて何も喋らない人や、色々いて面白かったです。
精神疾患にかかったことがなければ、身内にもかかっている人がいない人からすれば本当に縁のないものだから、わからなくて当然なんですけど、知識として学んでおいた方が社会生活を送る上で生きる知恵に繋がるんではないかと思いました。
まぁでも興味ない人は興味ないし知りたくもないよね。私もボランティア活動なんて興味ないしやりたくもないって思うからそれと一緒よね。でも病って避けては通れないでしょ、糖尿病だって糖の過剰摂取してたらなる確率が高まるからならないために好き放題食べないように気をつけるものだし、白内障だって放置すると失明の恐れがあるから予防をしたり眼科へかかるでしょ、それと一緒なんじゃないかなぁ。
知識があれば備えられる。誰かのケアもできる。

障害者、という言葉をネガティブな印象を持つ人っているんだなということも驚いた。私も手帳取った時は「うお〜〜精神障害者認定されたぞ〜〜〜!!!まじか〜〜〜〜!!!!」とはなったけど。でもなってしまえば「別に何も変わらないな」といつも通りの生活が続くし。(取った理由は映画が1000円で見られるからだったんですけどね…)

手帳持ってると雇用の時にアウト食らうのでは?という疑問も持たれることはありますけど、どうなんですかね〜雇用の時はそこまでチェックしないかもしれないから特に問題ないと思うけど、経理の人には確実に知られるんですよね確か。でもそれもバレないようにする方法があるらしいんですけど、別にバレたところで…って思うんですけど就職したことないんでわかんないです。ごめんなさい。
クローズドで働いてる人、どうしてるんだろう。手帳返してしまおうか迷うな〜(持ってても持ってなくても正直変わらない)。

精神障害者の雇用枠を企業で増やすというのが来年度から始まるんですよね。私からしたら「よっしゃ!」となるわけなんですけど、企業側からしたら「自分の病状を理解していてこっちにどういうケアをして欲しいかきちんと伝えてくれるできれば症状がめっちゃ軽くて面倒も見なくていい人」が欲しいと思うので、いかに自分が「あなたがたが欲している手間のかからない精神障害者ですよ〜〜」ということが印象良く伝えられたらバッチグーなのだと思います。
要するに相手に不安を抱かせないことが面接のポイントではないでしょうか。
私もメディアで精神障害についての漫画を描いてるので、もっと人に読まれるように工夫して描いていかなければなと思いました。よく考えなければ。


PAGE TOP