存在

みんな聞いてくれ。私は明日、"""ハロワ"""に行くことを決意した。そのことをここで表明する。これはケジメであり、覚悟だ。人間と接したい。たとえそこに苦痛が伴うとしても、それは生きるための術につながる。ハロワは我々無職者と社会とをつなげるターミナルだ。唯一の存在だ。唯一の存在が、ハロワには存在する。ハロワがそこにある限り、我々無職者は社会から孤立することはないのだ。今日もどこかで生活を求める声がする。人間を愛したがっている。キレイに生きよう。さすればキレイに死ねるから。


PAGE TOP