読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジモン

今日、出掛ける前にジモンの散歩に行ってやってくれと頼まれたので、重い体を起こして散歩に行った。

ハスキーくんが今日は庭に放し飼いにしてあったので、側によって遊ばせてあげた。ハスキーくんは久しぶりに会えたのが嬉しかったのか、すぐさまこっちのそばでオシッコをした。これは挨拶なのだ。

ジモンも久々に会えて嬉しかったのか、珍しく尻尾を振りながら、ときおり吠えていた。その姿を見られるのが飼い主として嬉しくて、ついついリードをめいっぱい伸ばして、なるべく二人きりにさせてやろうと思ったのである。

その時であった。

ジモンが勢い余りすぎて、私の手からリードが離れてしまった。ジモンはそれに気付かず思い切り道路の方へ飛び出した。左右からは車とバイクが。頭が真っ白になった。

角を曲がるとジモンが怯えた鳴き声をあげていた。力がすっかり抜けきった様子で、座り込んでいた。ものすごく怯えた顔をしていた。人間の赤ちゃんが怯えて泣いている姿と全く一緒だった。

すぐさまリードを手に持ち、ジモンを抱えて撫でて落ち着かせた。鳴き声たすぐやんだけれど、すっかり抜け殻のようで、身体をブルブルと震わせていた。

ハスキーくんにバイバイして、抱きかかえてそのまま帰っていった。

ママに報告して傷跡を拭いてやった。流れるほど血は出ておらず、幸い擦り傷ですんだ。念のために病院へ行ってみてもらうと、自分出来ずを舐めていれば治る程度のものだと言われて安心する。

ママに怒られるかと思ったが、それはなかった。これが5年前なら確実に怒られていたはずである。散歩もしばらくさせてもらえないだろう。けれどもママは我々の心配をしてくれた。そのことがさらに私をつらくさせた。私が精神科に通う人間になってしまったから怒らないのかもしれない。

 

今日はこのことをブログに書こうかだいぶ迷った末、記録として書くことに決めた。この日の気持ちを決して忘れてはいけないと胸に誓う。アンチに犬殺しと影で呼ばれるかもしれないだろうが、それが私への罰である。

 

数時間も経つとジモンはすっかり元気になった。いつもよりは威張りっ気はなくなっている。まだ怖いのだろう。

私を飼い主として見てくれなくなるだろうかと不安に思っていたが、膝の上でくつろいでくれた。めいっぱい撫でてやった。

ジモンが明日も生きてくれるだけで幸せである。


PAGE TOP