読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女に振られたくらいで精神崩壊してんじゃねぇ問題

思ったこと

去年の婚約事件に関連する話をしようかと。
詳細はこちらを読んでください。

個人的な意見を先に書かせていただきますと、いい歳した大人が女(前婚約者)に振られた程度で精神に異常をきたすような弱い男は男として以前に動物としてどうかしてる。ということです。
どうかしてるというのはどういう意味かと言いますと、”””終わってる”””です。

まず女に振られた程度のことで精神に異常をきたすレベルのショックを受けるということは、おそらく本命に振られたことがないのでしょう。もしかしたらセカンド・セフレ以下の女にすら振られたことがないどころか、むしろ本命にして欲しいと言い寄られていたのかもしれません。
確かに、それを臭わすようなことを度々発言されていました。

「俺は経験人数300人」
「結婚前提じゃない付き合いをするくらいなら彼女は作らない」
「複数人女がいる」
「有名人とも経験がある」
「モデルをどれだけ食えるか試してみたことがある(結構食えた)」
「テキトーに相手してた女から言い寄られたけど断った」
「毎週末ナンパして女食ってた」
「学生時代めっちゃモテてたけど当時は自覚がなかった」

などなど
それを聞いていた私は、すごいともかっこいいとも思わず、だからなんだ?としか言いようがない感じだったんですが、前婚約者のダメだと思ったところを延々言っていたので、自分には一切非・欠点がないのだと思っていたのでしょう。

自分には一切非・欠点がないのだと信じていた(信じたかった)彼は、モテる以外にもその他たくさんの自慢を毎日のようにおっしゃっていました。

まず学歴。
学歴はおそらく全て本当で、まあ少し盛ってはいましたが、ロンダを異常なまでにdisることでワンランク上のインテリ?階級であるのをアピールしていたのでしょうか。私の元彼もロンダではありますけれど、真面目に研究をしている人のいい迷惑なので、むやみな発言は控えていただきたいですね。(東大の名前が欲しくて東大の院に入った人が見下されるのも私には理解不能(東大生アピールされたら確かにうざいけど))
出身高校も地元ではトップレベルで、うちのトップ校よりも偏差値は高かったと記憶しているため、確実に勉強はできるし頭がおかしくなるまでは頭も良かったんだと思います。

次に仕事。
某大手代理店勤務。やたらと有名人の誰々の裏情報を言ったり、飲み会で○○さんと話したことがあるだとか、バラエティ番組を見てりゃいちいち業界人ぶったコメントをしたりなど、だからなんなんだ?としか言いようのない情報ばかりを教えてくださいました。バカリズムさんに会わせてくれるわけじゃないならどうでもいいわ。

次にお友達。
自分のお友達は○○大出てて、どこどこに勤めていてとか、子供の教育に力を入れてて有名私立に入れてるんだとか、バンドをやってる友達の話とか、クソほど興味がなくてどうでもいいお友達の話を毎日5時間は聞かされていたのでは?と思うほど聞かされました。いや、目の前にそのお友達がいるならまだしも、目の前にいない人間の話をされても困る。と思いながら、全部聞いているフリをした。お前の話をしろとしか言いようがない。

次に家柄。
自分の先祖は華族らしいだとか、図書館の歴史の本に先祖がのってただとか、家族の誰々が地元で有名だとか、育ちがいいだとか、俺の親父はすごいだとか、結婚するなら相手の家族の話を知るべきではあったので聞いてはいましたが、私の家柄があまり良くないので価値観が合わなくて困った。家柄は本当にいいし、ご両親も品があって素晴らしい方達でした。ただお前の話が長いしつまらないし家柄と親がすごいからといってお前がすごいわけじゃないからな、といったところです。

あとは何かなー…容姿ですか。
自分のバンドの演奏映像を3〜4回くらい見せられました。ボーカルなので一番目立っていますし、歌い方がとてもナルシストです。反応に困りました。
一緒にいるときもなんども「俺って容姿良い方だよね!?」と聞かれました。確かに上の方ではあるしそれは認めるが、好みだとは一言も言っていないし、好みではないということも何度も言った。


以上の6点の美点?長所?が、自分に自信があるという根拠だったのだと思われます。(あ!待って、あと年収めっちゃあるアピールもあった!実際は0だったけど!)
絵に描いたような人生を歩んでいる彼にとって、よりにもよって結婚を直前に女に振られたことは相当なショックだったでしょうし、理解不能の事態だったのでしょう。

人はいろんな壁を乗り越えながら人生を歩んでいくものです。彼は今までその壁をきちんと乗り越えてきた。そして次は結婚という壁を乗り越えようとしていた。その矢先、乗り越える直前にバッドで殴られて地面に叩きつけられたというわけです。

それはとても辛いこと。悲しいことだし苦しいこと。わかる。それはわかる。
その程度のことでメンヘラになるんじゃねぇと言うのはあまりにも暴力的すぎるし心がない。
私は壁を乗り越えようとして何度もバッドで殴られて地面に叩きつけられてきたし、起き上がった瞬間に殴られるようなこともたくさんあった。でもそれが普通だとも思っていない。普通であって欲しくもない。だから自分と同じ思いをしろとは一切言わない。

しかしだ。彼は三十路。人生というものもどういうものかよくわかっていたはずである。地方から上京して大学も出て社会にも出ていろんな人と会う仕事をしているのなら。中流の暮らしをしていたとしても、東京にはいっぱいホームレスもいるので貧しい暮らしをしている人の生の情報が目から入手できるだろう。彼らにも家があった過去があったかもしれない。
東京都は、いろんな人の人生を目にすることができる、すごい場所だ。

人生は何が起こるかわからない。
武器が必要のない社会になったからといって、安心と安全そして平和がもたらされるわけではない。
争いは男女間にもあれば会社の中でもあるし、友人同士にもあるし、家族の中でもあるし、学校でも、法廷でも行われている。今はインターネットでだって日々絶えず言葉の暴力がとびかっている。あとまぁ犯罪だって毎日あるわけですし…

命を落とす以外にも死ぬことがある今、戦時中のように敵の攻撃から身を守るのと同じく、予期せぬトラブルや思いがけぬ事故などに備えて私たちは日々生きているわけだ。そのために知識を得て、働いて、貯金をして、運動をしたり、コミュニケーションを磨いたり、まぁ、いろいろやっていっている。車の技術だって上がってるし、法律だって時代に合わせて作られていっている。
私だってこの先ずっとこんな仕事で食ってけるはずがないから、どういう風にキャリアを積んでいこうか考えている。
それでも何が起こるかわからない。ちゃんとやってればちゃんと物事がうまく進むわけがないだろ。

そんな!そんな!!ことも!!わからないことが許される人間は20代までだ!!!(ちゃんと書くとめっちゃ長くなるから20代までってことにさせてほしい)

というか私よりも10も上の男にこんなこと思わなきゃいけないことが辛い。性欲わかないわ!フ×ック!!!!!1


PAGE TOP