読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記と漫画。

f:id:vaginally:20170215232738p:plain
この世にはどうあがいたって逆らえない運命があるので、限りのある富で幸福を見つけ出して有意義に時間を使わなければいけない。
自分がこの体にこの遺伝子で生まれてきてしまったのと同じように、自分が手に入れられるものには限度があって限界があるから、理不尽を理不尽ではないと受け入れてあるべき姿をあるべき姿として以下云々。

幸せそうな人間たちを見ていたら、「お前は惨めだ」と言われているような気がして憂鬱になった。
最近、自傷もODをするわけでなく物理的に自分の体を痛みつけるのなら周りに迷惑もかかることが少ないのでいいのではないかと、むしろ肯定的に捉えるようになった。自分を傷つけてはいけないと言うことこそストレスになり、それによって余計に衝動を抑えきれなくなるものです。だからと言って私は今すぐ刃物を握りしめるわけではないのですが、

キリストの本質はいない神をいるのだと信じることではなく、「神はいないかもしれない」という不安から1つの信仰が始まるといったことを先日教わりました。
もちろんこれも世の中の人間の解釈によって様々なので、ある人に聞けばこうだと言ってもまたある人に聞けばいいや違うこうだと言ってくるものです。その中から誰の意見を信じるかもまた個人の自由で、まぁ宗教もつまりはそういうものなんじゃないのかと思いました。
ユダヤ教徒からすればキリスト教も新興宗教に過ぎないわけで、私たちは言葉にまとわりつく独断と偏見に惑わされすぎですよね。
とはいえ、宗教がこうも嫌われるのは、宗教がそもそもは反社会的なものであるからですか、まぁ全然この領域には知識がないんで少ない本の知識ですけど、これを機に宗教の成り立ちについて勉強でもしてみようかな。

どうもこの頃自分の容姿を客観的に評価できない。
ブスだと思っている自分もいれば、そこまでブスじゃないしちゃんと化粧すればまぁまぁ美人では?と思っている自分もいる。
全然わからないからInstagramに自撮りを載せられなくなってしまった。まあ、それ自体は悪くはないけれど、顔が可愛いというだけでインターネット上では女友達を作りやすくなるので、自撮りというのは便利でもあるんですよね。男性にはありえない話でしょうが…
で、まあ、本当に「わからない」んですよ。多分、ブスでもないし美人でもないんだろう。でもそれ一番つまらないな。ネタにもならない。
そういう時に特定のパートナーがいると、自分の見た目や性格はどうであれ愛してくれている人がいるわけだし、まぁいいか。となるんでしょうけど。
なんだかここ数年、ずっと人生に疲れている。若いのにどうして疲れなければならないんだろう。


PAGE TOP