読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てを諦めて楽になる

日記

他人との連絡手段を断つために、例えばLINEを消したり、Twitterのアカウントを消したりするのは、そうすることで不自由・不便になることに快感かあるいは心地よさみたいなものを感じる。少なくとも私はなんですが。

諦めという快感はリストカットに似ているだろうか。
自分の腕を切るとその痛みにしか意識が集まらなくなってしまう。悩むこと、悲しむこと、悔やむこと、妬むことに注ぐエネルギーが血となって流れてゆく。落ちてゆく。ただ見ていることしかできない。
そんなどうしようもなさがダストやノイズに対する不快感を取り除いてくれるのかもしれない。

幸せそうな人の笑顔を見ているのがつらい。
誰かに愛されていて、大事にされている人の顔を見るのがつらい。
自分だってこうしたい、そうしたい、ああしたい、こうしてもらいたい、そうされたい、ああされたい。そんな風に思いつづけて行くうちに負の連鎖からぬけだせなくなっていく。
自分の負の欲求や感情に罪の意識を感じた。私は醜い。こんな汚らしいことを一瞬でも思ってしまったことを恥じた。「申し訳ありませんでした」とあやまった。
それが果たして正しいのかわからない。でも間違っているとしたらなおさら救いがなくなる。
私はこのままでいいのだろうか……疑問を感じた。

やっぱり人類は滅ぶべきだと思う。
f:id:vaginally:20170204003258p:plain


PAGE TOP