理想を捨てましょう

f:id:vaginally:20170126155808p:plain
買い物しか楽しみがない。最近はそんなことをよく口にする。
貯金残高がものすごく減っていたことに今日気付いてなかなかショックを受けた。クレジットカードでのネットショッピングは感覚が麻痺してダメっぽい。ロクに働いてもいない私が買い物を趣味にするなんて恥知らずにもほどがある。とは言ったものの、買い物だけが唯一の社会との繋がりでもあった。消費税くらいは払えていることで国民の実感も湧くし。まあ、普段買い物するときにそんなことを考えながら金を払ってるかと言うと、全然違うんだけど。

昨日、婚約したっていう記事をアップして宣伝したけど、「よかった、こいつはやっぱり不幸だ」と喜んでくれる人が少なからずいるんだろうなと思うと、本当になんのために生きてるんだろうな。よくわからなくなる。
私はあの一件により、結婚・恋愛に限らず”理想”と言うものはただ嫉妬と強欲な心を生み出すだけだということが結論づいた。
理想と現実、大切なのは後者のほうだというのに、多くの人は理想を求め美化しありがたがる。なぜだか現実よりも理想を尊いもののように勘違いする。

私は今回、相手にとって「理想」そのものだったらしい。しかし肝心な現実の私はほぼ否定されるばかりで、彼がおもいえがく理想を私に無理やり植え付けようとしているだけだった。人形にでもなった気分だったよね。
理想の人形(所有物としての意味)に仕立て上げ、それを可愛がる。理想とは違う言動をするものならば即座に否定されるので、その都度私はビョーキの振りをした。(私多分今精神状態が悪いみたいなの多分疲れてるだけなんだよって)

自分以外の人間にも感情があり、思考があり、思想があり、主義があり、好き嫌いがあり、過去があり、未来がある。そういうことを全て押し殺すのは殺される理不尽さとはまた違った恐怖があるね。あったね。
人間なんかそう簡単に信用しちゃいけないってこと。私は個人情報をなるべく教えず生きていきたい。

人が好きな人ってすごいよね。
美人やかっこいい人が好きならわかるよ。見た目だから。でもそういうことではなくて、人という生き物が好きな人がたまにいる。
例えば向こう側の席でぼんやりと人混みを眺めながらお茶を飲んでいる婦人がいたとして、素敵だと思うのだろうか。人間なんて平気な顔して嘘をつくし愚痴を言う。別にそれは悪いことじゃない。私は自分の頭の中で描いているものを他者に押し付けるなと言いたいんだ。
外を眺めている婦人が夕飯のメニューを考えているとは限らないってこと。好きな浮気相手のことを考えているとは限らないってこと。

人間不信気味なのかな?でも別にそういう感じでもない。
だんだん、だんだん、いろんな物事に無関心になっていく。あらゆる理不尽さを許するために私は神様を信じることにした。
涙の数だけ強くなるというのは本当にそうで、死にたいと思う数だけ人間は強くなる。


PAGE TOP