本日の学び

 事実についての自分の解釈を疑ってみるのはよい習慣であり、また、他者の動機についての自分の解釈を疑ってみるのはもっとよい習慣である。-p11

 個人の自由は社会的な混乱を生むだけであろうに。-p18

 自由を現実のものとする社会秩序を享受するためには、個人の自由を制限することに同意しなくてはならない。
 自由はただ個人的なものというだけでなく、社会的な契約でもある。利害の調和である。-p19

たいした問題じゃないが―イギリス・コラム傑作選 (岩波文庫)

たいした問題じゃないが―イギリス・コラム傑作選 (岩波文庫)

複数人の小説家などによるコラム集です。
中でも特に学びが多かったのが、ガードナー氏のコラム集でした。(上がそれ)
ミステリ作家のようで、だいぶ昔の人であるし日本では有名ではないからか本があまり見つかりませんでした。無念。


PAGE TOP