こんなヤリマンだらけの社会で

AVがあるから・風俗があるから、そのおかげで男性による女性への性被害を防ぐことができているという主張は正しいのだろうか。ふと疑問に思う。
それならば、人間を殺し・殺される映画やドラマが殺人防止を可能にすることだってありうる話だ。
さらにはなぜ動物を殺すことが殺人防止に繋がっていないのだろうか。別に彼らは人間を殺したくないから動物を殺すのではないし、身近で手短に殺せる生き物として猫や犬を選んだに過ぎない。
それと同じく、世の中のAVや風俗店で抜き済ます男性が「性犯罪を犯したくないから」という理由でそれらを利用しているわけでもないだろう。大半は「ただ抜きたいから」というストレートな性的欲望だ。
人が腹をすかせて、でも我慢しなくてはならないときに、料理番組を見て満足することができるのだろうか?

AVや風俗店で働いている女性たちの多くは若く、現役で学校に通っている人もいればOLをやっているという人もいる。つまり一般人だ。そういうことに、利用者の男性諸君もほとんどがわかっているはずだ。
特に風俗店はソフトサービスあるいは安価なところになればなるほど若く、そしてすぐ辞めてしまう女の子が多い。
私も大昔に風俗店で何度か働いたことはあるが、女目線で見ると街中のおっさんたちは皆風俗の客に見えてしまう。反対に、男目線で見ると街中の女の子たちは皆風俗嬢に見えてしまってもおかしくはない。
確かに待機室で複数人で固まっている風俗嬢たちを見るとびっくりさせられる。なぜならみんな普通なのだ。渋谷を歩いてそうな、ちょっとギャル目な女の子もいれば、おとなしそうでいかにも清楚な風貌の女の子もいる。
風俗店では毎日のように女の子が入れ替わる。1日やそこらで辞める子が圧倒的に多い。けれども店側はバックレすら気にならない。いくらでも新しい女の子がダミー求人に騙されて、体験入店にやってくるからだ。

女の私ですら、世の中の女の子たちは案外金さえくれれば誰のちんぽでも舐めるんだな、と思ってしまっている。
別にAVに出ていたり風俗で働いたりしていなくても、SNSでは日夜不倫がどうの浮気がどうの、女たちが彼氏でもない男の話をのろけ、そして嘆いている。
ヤリマンだらけだ。アバズレだらけだ。右を向いても左を向いてもビッチ。

私たちが自分の貞操観念を守れば、幼い女の子たちを守れるのかもしれない。


PAGE TOP