読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない日常、とは。

思ったこと 日記

「何気ない日常」というものを、やたらお洒落でセンスある言葉や写真で丁寧に扱いたがる人種が一定数(特に社会に出て間もないくらいの年齢に)いるんだけど、自分の目の前にある日常に対して「何気ない」と呼んでいる時点でそれは何気ない日常でしかなく、それ以上でも以下でもないことを無意識に証明していると思うんだけど、どう???

ていうか、「何気ない」ってどういう意味なんだろう。
特になんでもない、特別なことが起こることもない、さりげなくて、当たり前な、退屈なっていう意味なんだろうか。
調べてみると、元々は今でいうギャル語とか2ちゃんねる用語と同じ若者の間で流行った言葉らしい。1980年代中頃。当時は物珍しかったであろうこの言葉も、今では立派な日本語にとして日常的に使われているように感じる。

それはともかく、なんだかあやふやで曖昧な表現が多いですね。この国は。
「改善」って言葉も、最近の化粧品業界ではよく使われるんだけど、「お肌を改善!」ってどういう意味やねん!…と母と突っ込むのが最近のブームです。(ブームではない)
今の悪いところをあらためてよくする、という意味はわかるんだけど、「治る」わけでも「変わる」わけでもないわけだから、目に見える変化が期待できるという意味が込められているとは限らないんだよね。まあ、治したいなら皮膚科へ行ってくださいということでしょう。

さて。
犬が家にやって来てから、私の日常と生活がガラリと変わった。
一人で落ち込んで憂鬱になるなんてことも今のところ無いし、毎日外に出るし、笑うことも増えた。これが当たり前で何気ない日常になるのだとしたら、私は非日常なんかよりもずっと大切にしていきたいと思う。
誰にも邪魔されたくないぞ!
他人に巻き込まれないこと。他人を巻き込まないこと。それさえ守れば暮らしは豊かになる。
f:id:vaginally:20170110234615p:plain
今日描いた絵です。


PAGE TOP