読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年は「他人の幸せを祝福できる人間」に。

年々、クリスマスや年末、正月に疎くなって来てしまったことに若干の老いを感じる今日この頃です。
子供の頃は季節の行事にもっと追われていたように思う。ああ、あれ準備しなきゃ、あれもしなきゃ、これもやらなきゃ。
大人になるにつれて、ワクワクした気持ちが生まれなくなる代わりに「めんどくさい」と思うことが増えた。いちいち大げさな料理を作って、やたら混んでる道路を走らなくちゃいけなくて、特番はゴミみたいにつまらないし、別にケーキも好きじゃないし。
でも本当にどうでも良いわけじゃない。行事やイベントを楽しんで過ごしている人たちを見ると、「いいなあ」と思う。羨ましいなあと純粋に思う。こういうものを楽しもうという姿勢で生きることはとても大事だ。とは言いつつも、今日は年越しそばも食べる予定はないし、初詣も行かなきゃとも思わない。やっぱり私はめんどくさいと思う方が勝ってしまうのであった。

***

さて、今年もライターとして年を越せることになった。そのことに心から感謝しなくてはいけない。本当にありがとうございます。
いつ消えるか、ということをいつも頭に抱えながら始めたこの仕事だったけれど、なんとか低飛空ながらも生き延びられております。MacBook Proと液タブも買ったわけだしね、来年はよりいっそうクオリティを高めて、もっともっと頑張りたいです。
本当は毎日ブログで文章を書いて、自分の文章を見返して、毎日絵も描いて。ということをして勉強をしなくてはいかんのですが、やはりここでも「めんどくさい」が勝ってしまう。いけないなあ。
来年もお仕事もらえるように頑張らせていただきます。忙しくなることが目標だ。

***

犬を飼い始めたのは自分の中で正解だった。
寂しくないし、犬を介して家族とのコミュニケーションが築ける。生き物ってすごい。父が母に隠れて犬の散歩しているのを見るとつい笑ってしまいます。(父と母は仲が悪いので)
多分私が一番上の飼い主様になってると思う。よくわかってるじゃないか。

***

そんなこんなで、まあプライベートで色々あったもので平穏な年越しにはなれないのですが、来年こそはトラブルのない一年にしたいです。
幸せになりたい!」と思うことは無駄であるということをよく学びました。「幸せになりたい!」と思うことから生まれるポジティブな感情は無い。どうせなら、「おいしいものを食べたい」「楽しいことしたい」「笑いたい」と思いながら生きていきたいです。
それはやがて、他人の幸せを祝福できる人間になるためのプロセスとして重要な役割を果たしてくれるでしょう。要するにちゃんとした大人になりなさいということです。
他人の不幸ばかりを笑う人は、お金の使い方も汚いし部屋も汚いし歯も汚いし服も汚いし肌も汚い。

以上です。紅白って何時からだろう。


PAGE TOP