読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナル履歴書作ったった!

何回ブログ更新してんだよって感じですけど、例のオリジナル履歴書ついにできました!!こないだやっと出来上がったのを受け取ってきました!!

3冊で約8千円!紙はペラッペラだし印刷された色の具合もうんこだし、情報量が少ないから仕方ないけど文字が大きかったりで色々ひどいですし、どう考えても高すぎます間違いなくやらかしました。まあ勉強料です。

f:id:vaginally:20161012213322j:image

表紙はこんな感じ。とりあえずBRUTUSAKIRA特集のときの表紙をちょっと真似して漫画の絵に赤色の文字を派手にかぶせてみました。名前だけでもよかったかもしれない。(できれば赤い文字のとこはぷっくりされるように特殊印刷したかったけど金かかるのでやめた)
f:id:vaginally:20161012213328j:image

目次。ほぼ必要が無いけど、なんとなく冊子感出したかったから無理やり目次をいれました。まあ8ページあることがわかるからいいでしょう。f:id:vaginally:20161012213333j:image

ここは左が職務経歴で、右が個人情報。見開きで情報が一気にわかるといいかなと思ってこんな風にしてみました。右の漫画は「まあ色んな絵柄描けますよ」というせめてものアピールです。ちなみに手塚治虫風なタッチに先日面接の時に食いついてもらえて、嬉しかったです。f:id:vaginally:20161012213342j:image

ライターとして活動してるので、その活動内容がよくわかるような詳しい実績をここで紹介。メディアのかんたんな概要的なもの、自分が何を意識して記事を書いてるか、どのくらい人気あるのかということを超完結にまとめてあります。

次のページでも見開きでかいてありますけど同じレイアウト構成なので割愛。
f:id:vaginally:20161012213346j:image
最後に自己PR。ライター・編集の道でもっと頑張りたいことについての志についてかいてあります。まあそれだけだとなんか恥ずかしいし、わかる人には「あ、パーフェクトブルーも好きなんだ」と気付いてもらえるように絵も遊び心で入れたりしてみた。

まあそんな感じ。

せっかく読んで楽しんでもらうことを意識させるなら、もうちょっと中身を充実させてもよかったんじゃないかな~と思いました。せっかく渡す用に作ったので…。

レイアウトと配色、フォントの3つがなかなか難しくて、こういうの作ったこと無い自分にはディスプレイ上にある画面がどういう風に紙に印刷されるのかぜんっっっぜん想像できなかったので、キンコーズでできたやつ受け取った時死にたくなりました。ハイ。

「あああ~~~!!!!!!!!」

と叫ばずにはいられない。でも「レイアウトどうやって勉強したんですか?」みたいなこと聞かれたのでお世辞でもうれしかったです!!

出来がそこまで良いわけじゃなくても、普通の履歴書・職務経歴書を渡すよりもやっぱり掴みは圧倒的に良いと思います。何より情報量が多い。これが一番重要そうに感じました。

だって、まあ出来は置いといてこれ見るだけで「あ、エディトリアルデザイン的なことももしかしてこの人できんのかな?」と思ってもらえますし、まず「イラレInDesignはとりあえず使えるのね」と絶対伝わります。

「ベスパ好きなのかな?」とか「手塚治虫好きなのかな?」とか「(出来がどうであれ)レイアウトにこだわったりするのね」とかが伝わるわけです。

あとは…熱意とか…?意外と遊び心あるんだなとか?まあ、そんな感じです。

さすがにおかたい企業へ面接するのにこんなもん持ってったらその場で燃やされますが、デザイン系とかweb系とかしゃれたとこだったら、未経験だけどまあ何もできないわけでもなさそうだと思ってもらえるかもしれないし、そう思ってもらえればこっちの勝ちですから。絶対やって損はない!!

 

一応デザイン知識0の自分でやった我流のやり方は最初の記事に書いたのでそれを載せておきます。

vaginally.hateblo.jp

 

とりあえず、私の反省点はこんな感じですね。

・情報量が少ないせいで紙の大きさや文字の大きさの無駄が目立ちすぎる(A4じゃなくても良かった気がする)

・本文の紙が薄すぎ問題

・完璧に作るならちゃんと業者に発注。必ずサンプル本も事前に1冊頼む!

・レイアウトは置いといて、配色とフォントにセンスが無さすぎる

・ライターと編集者への道を極めたい気持ちをアピールするなら、自分が特に自信のある記事を3つくらいは雑誌風に組み込んでも良かった気がする

・画質が悪いところが一部あり

こんな感じですかね。

「えー自分実績とか職務経歴とか作品、なにもないよ…」って人も作るべきだと思います!何もないより絶対マシだし別に失うものはないです。

以上!!


PAGE TOP