恋活するくらいなら婚活したほうがいいと思った

一通り自分は「恋活」とうたわれるものは手を出したと思う。
恋活パーティ、恋活アプリ、相席居酒屋…我ながら積極的だったなと思うけれど特にそれで得たものは無い。1人ものすごく好きなタイプはいたけどTwitterでネタにしすぎて逃げられた。

まあそんな感じにやってて、婚活と恋活の決定的な違いがわかった。

前者はいたって真面目なものだ。ゴールもきちんとある。目的がとても健全だし社会的にも比較的認められやすい。後ろめたいことをしている気持ちにもならないと思う。
私は年齢的な問題もあって婚活はまだしていないので、これは外から眺めた印象である。
例えば、テレビでナイナイが企画でやる婚活大作戦てきな番組なんか見ると、演出もあるんだろうがみんな真面目なのがよくわかる。こいつらが番組でカップル成立したにせよ、一応こいつらは結婚をすでに視野にいれた関係でカップルになってるわけだから、結婚して幸せな家庭を築けるといいねなんてちょっと応援した気持ちも持てる。

しかし恋活の類はどうだろうか。マツコ会議で出会いを求めて銀座の出会いスポットと呼ばれる場所にあつまる若者たちの姿は、決して健全にはうつらなかった。
常に付きまとう「下心」という二文字。そかも必死でそれをみんな隠そうとする。
真面目に恋愛なんかする気がはなから無い人が潜んでいるのも、恋活の類の特徴だろう。
相席居酒屋に友人と行った時、それはもうエリートに属するタイプの男性と相席した。二人共30代前半~半ばくらいで、一人は大手の役員。一人は建設事務所の経営者だった。
経営者のほうは既婚者だった。キャバクラが趣味でブスが大嫌いという話をひたすらしていた。
役員のほうは真面目な恋愛がしたいが股間がだらしないので、女遊びでだらだら関係を続けてしまうといった感じの婚期逃しまくりタイプだった。
完全に遊び慣れた男の態度だったのでこの人達には軽微も下心が感じられなかった。多分我々が遊ばないタイプだと察したからだろうと思う。
しかし、その近くにこいつらの後輩がいて、そいつがまたとんでもない美形だったのだが、先輩でもある役員の人が「あいつは社内で『チン○マン』って呼ばれてるくらいヤバいやつだよ」と教えてくれた。
見事、不健全な人間しかいなかった。
しかし礼儀がある方たちだったので、「君はそこらへんの20代よりもずっと人間力があるよ!」と握手をされて解散した。

遊び方を完全に心得ている男の場合はいいが、世の中そんな人だらけでもない。
節操ない人もいるし、大変失礼な人もいる。
結局恋活のゴールは寝たかどうかにつきる。それ以外のゴールを考えてもせいぜい付き合うかどうかだ。その付き合いたいという気持ちも、結婚が理由じゃなくて「一人が嫌だから」というまったく自分勝手なものである。

お前らそんなに一人がだめなのかと。
社会人になって独身だと周りの目が痛いからとか、バカなんじゃないのかと思える。
個人的には恋人と毎週会えないだけでポエム呟いてるほうがずっと痛い。

私みたいに彼氏できないのを笑われても「お前ら一人じゃ生きてくこともできないの?大変だね。」と反論できるくらいのタフさを持って欲しい。


話は脱線したが、ようするにあれだ、
恋活して結局チャラい男に捕まりがちな女の子は、さっさと婚活したほうがいい。
「まだ若いし結婚なんて早すぎる」とか言ってないで恋愛したい気持ちがあるならさっさと結婚をゴールにしたお付き合いをするべきだ。
なんだかんだ若いうちに男を捕まえとかないと後々どんどん恋愛が難易度高くなってくるのは、もう先輩方を見てすでに学習済みだろう。

私みたいに男がいると情緒不安定になりすぎて仕事もままならなくなるようなタイプでない限りは、婚活したほうがいい。


さあ!ペアーズを退会して今すぐ楽天オーネットへ!!(一体何の話なんだこれは?)


PAGE TOP