読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ辞書を持ち始めた。

先日、Twitterで話題になった語彙力テストを試したところ、なんと10歳の子供レベルだと結果に叩きだされた。
つまり10歳の子供が背伸びをしなくとも私の会話や文章についてこれて十分理解できるということなんだけど、こんなことってあるかよ。さすがに大げさだろ。
しかし周囲を見渡すとほぼ満点に近い点数を出している人ばかり。私と同レベの人間がやっと1人いた程度。

まずい、これは大人として社会的にヤバイ。私は焦りを感じ、すぐさま国語辞典を買ってきました。語彙力を養うには、辞書を読むのが一番だと以前教わったからである。
とは言え、さすがにあの分厚い本を読むのはしんどい上、そもそも漢字を覚えるには読むだけでは不十分。そのため、ジャンル問わず、とにかく本を読む際に少しでも意味が理解できていない漢字や単語に出くわしたら、それを辞書で調べノートに一度書き写すというやり方で勉強を始めた。
さすがに辞書でその都度調べてノートに書き写しながら本を読むのは内容が頭に入らないので、まずはとりあえず意味がわからなくても読み進めて、その意味がわからないと思った箇所には赤ペンなどで線をいれ、ある程度それがたまったらまとめて辞書で調べるといったやり方である。
そのまとめたものの中で、さらに「これは全然使ったこと無い漢字・単語だ」というものにはチェックを入れて、ある程度たまったらまた別のノートに今度は自分専用辞書になるように綺麗に書き写す。といった感じ。
あとあとその本をまた読み返す時に「この漢字って意味なんだっけ…」となるだろうから、そういう時すぐに読み返せるようにできたらいいなと考えている。

改めて勉強法のまとめ。

1.何でも良いから本を読む
2.少しでもわからない単語・漢字があればチェック
3.チェックがたまったら辞書で意味を調べて音読しつつ書き取り
4.その中でまた更に気になる単語・漢字があればチェック
5.チェックがたまったら別のノートに清書
6.自分専用のオリジナル辞書の完成

まあ、あとは実際に文章を書くことで頭に定着させられるので、余裕もあれば手書きでもブログでもいいので文章を書く頻度を増やしていきたいなーと思う。
最近は私も読書するようにはなりましたが、なんせ10代の頃は本当に5冊も本を読んだかといえるレベルなので、圧倒的に読書量も国語力も低い。国語は歴史に次ぐ嫌いな科目でしたから無理もない。

大人になってから、ああ勉強ってこんなに大切なんだなあ、と気付くのは完全に人生の失敗なんだけど、まだギリギリ若いのでギリギリのうちにこのことに気付けただけでも不幸中の幸いでしょう。
子供の頃は本当に学問に勉学に一切の興味も関心も無かった。本当に何も考えていなかった。虫と漫画以外どうでもよかった。
もちろん親からは、いつも「本を読め」だとか「些細な事にも疑問を持て」だとか言われて育ったはずだったけれど、自分はそれをうっとおしく思い聞き流していた。多分、本を読むことの重要さなんかを説かれても全然理解できなかったと思う。私はちょっと人よりも知能が衰えていたんだと思う。今こうして読書をしたり文を書いたり辞書を持つようになっただけでも、当時から考えればかなり大したもんだ…。

一応3日前から初めて毎日続いてる。無職だし、この頃時間の流れが早く感じるので大事に過ごしたいと思うようになった。
毎日毎日ずっとPCとスマホ…その時間を少しでも勉強や仕事、運動にあてようと思い始めてからは、PCやスマホと向かい合ってる時間って本当にもったいないなと感じるようになった。

そういえば体重がもう少しで57kgから53kg台になる。この調子で今日も1時間半歩く!
あと、勉強以外にも最近行儀についても関心を持つようになった。綺麗に食事をしたり、育ちが悪いと思われないような立ち振舞をしたいなあ。そこら辺も今の生活を習慣化できたら真剣に考えようと思う。

新明解国語辞典 第七版

新明解国語辞典 第七版


PAGE TOP