読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルスあるある「薬を勝手にやめる」

f:id:vaginally:20160602165739p:plain
www.media116.jp

今回も寄稿させて頂きました~。
メンタルヘルスあるある1「薬を勝手にやめる」を描きました。私も何度も経験しましたので、そこからやっと学んだことを、皆さんに伝わったらと思います。

たとえば、太るのが嫌で薬を飲まない、というのがよくあります。
抗鬱剤向精神薬は体の代謝を下げるため、太りやすい体になるとのことです。

わたしも以前、パニック障害の症状が出始めてしまったのでジェイゾロフトを処方してもらった所、すっと症状が消えましたが、抗鬱剤はどうしても気分を和らげるためか代謝が下がってしまうんですなあ。
過食時とは半分程度の食事量にもかかわらず同じ体重になってしまったので、3ヶ月で薬を飲むのをやめました。

やめられたのは、症状が軽かったからなのと、きっかけが異性トラブルによるものだったからです。深刻な状態でもなかった上に、今は負担になるような異性付き合いをしていないので薬を中断しても特に問題は無いと判断して、それを医師に伝えたところ処方を減らしてもらえました。
漫画では病気によっては治療に年単位かかることもあるとは書かれていますが、軽いものなら短期間で治ることもあります。
とは言え、また何かがきっかけで症状が出てしまうこともあり得るので、一度治ったからと安心せず、また再発しないように自分へのケアを怠らないようにすることが大事だと思います。
(私の場合は異性関係が精神的負担になることが多いので、負担にならないような付き合い方を考える必要があります。)

まあわたしは医者じゃないので、あれこれ断定することはできません。あくまで経験と、そこから学んだことを述べているまでです。
参考程度にしてください。


PAGE TOP