読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色ぬりの練習

f:id:vaginally:20170203231221p:plainf:id:vaginally:20170203231241p:plain
いつもは塗りつぶしで済ませる着色を、ブラシを使って丁寧にやってみました。
MOGNEMU is creating Illustrations | Patreon
この方の絵を参考にやってみているのですが、まだ塗りのスキルが無いので陰影のつけ方にぎこちなさが感じられます。着色は難しい。
人物だけならまだしも、背景や小物までこんなことするのはやってられませんね。人だけでいいっす。

考えるふりをする夜。

犬と一緒にいるとふとこんなことを思う。
「この子は今何を感じてどんなことを考えて私の指を舐めているのだろう?」と。
こんな風にして人に対し同じ旨を思うことは今まであまり無かった気がする。
だから意識して外を眺めてみる。あの冴えないおじさんも楽しいことや憂鬱なことに左右されて生きている。あのお姉さんもきっと好きな男のことを考えたり仕事のことでストレスがたまっている。あの子どもたちは10年後の自分の憂鬱な姿なんて頭にも浮かばず今の人生を楽しんでいる。きっとそうなのだろう。
彼らにも口にせずともこうして頭のなかで言葉を並べて思考する脳みそを持っている。嬉しいとか悲しいとか腹立たしいとかいろいろな感情を持つ心がある。
彼らは自分と同じように親から生まれて育ち、歳を重ねて生活を続けてきていて、これからもそれを継続していく。
自分が、いのちをもった群れの1人でしか無いという事実にリアリティを感じれずにいる。人間の生きるフィールドの規模があまりに広すぎることが原因なのだろうか。
広すぎるから自分が孤独だと感じるのだろうか。

幸せそうな人が妬ましいと思う夜がある。それはいたって普通のこと、自然なこと、それを否定すべきだとは思わない、だけれども他人を妬ましく思っている自分が不快でしかたない。
理不尽をうったえようとしている自分がいる。「どうしてあの人はああなのに、自分はこうなんだ」何故を問いかけ続けている自分がいる。終わらない問いかけにこたえるよしもない。睡魔に負けると同時に、その問いかけも無駄だと諦めて眠る。
そんな日々が近頃ずっと続いている。
デパスを飲むとアッパーになってしまい、感情が高ぶり妬み嫉みに磨きがかかる。面倒なことを口走るのが困るので、最近は体調不良以外のときは飲まないようにしている。嫌な気持ちを押さえ込めるにはどうしたらいいのか、お酒がもっとおいしいと感じられたら少しは楽になれただろうか。(わからない)

人間が賢く生きるために必要なのは技術で、そして求められるべきはそのための知性と教養なのかもしれない。

勉学も技術。愛も技術。生活も技術。労働も技術。
技術が無ければもらうべき対価も得られない?

小笠原鳥類詩集 (現代詩文庫)

小笠原鳥類詩集 (現代詩文庫)

今日、注文した本。

漫画。と、連載更新。

f:id:vaginally:20170126230023p:plain
この世界で生き残ってなるべく欲しい額のお金を手に入れるためには、地道に趣味としての絵や漫画も描かなくてはダメだ。と思い、これからはなるべく漫画も描いていく所存です。
でも、あんまり世間に理解される人生を送ってきてないせいで、大衆受けの漫画が全然描けません。よって、カルトを目指します。
ゆみカルトと呼んでください。

さて、連載がアップされました。
www.media116.jp
病院を選ぶポイントなどを綴っています。まあ、少しは参考になるかと思います。でも賢く生きるためにも、全てを鵜呑みにしないようにしましょう。


PAGE TOP