日記

ハワー今月は無茶に仕事入れすぎました。だめですね。

部屋を借りよう!と思ってこないだ内見したんですが、まぁもう少し先でもいいんじゃないかと思って早まるのをやめた。
来年の5月でいいかなと思う。早くても今年の12月かな。

色々疲れることが夏の期間多かったので疲れがどっと出て、手当たり次第のことに手を出したり出そうとしたり、綺麗に見事に自分が現実逃避したがっているのがよくわかる。中国語極めるとか、温泉宿1人で行くとか、iMac欲しいとか。あっちこっちに心持ってかれててそれがもはや疲れる。一番現実的なのは温泉に浸かることですね。
しかしなかなか行きたくても行けないので、ここはやはり髪を切って染めることと決断。美容院の予約も完了。赤く染めてくるぞ。ベリーショートだぜ。それくらいの心機一転が欲しいんだ。
仕事が片付いたらすぐさま東京に向かってやるぜ。会いたい人がいるが都合が合うかは不明。
疲れがたまるとお金遣いが荒くなっちまうねぇ。だめだな。そんなに忙しくないんだけど、締め切り間に合うのかな?っていう不安が一番人をしんどくさせるね。少しずつ、こなし方に慣れればいい。
趣味の絵でも暇つぶしに描きたいけどその気力なし。
事故物件で良い部屋あったらいいのに!タイミングか。そういえば初めて東京で部屋探した時、一番最初に見つけたいいなと思った部屋は事故物件だった。懐かしいな、あれはもう5年前?気がとおくなるな〜

メモ










お金より愛かもな

その知性を想像力に最大限使ってみよう。想像する力があれば人を思いやる心が生まれる、人を愛せる、想像力が豊かになれば絵だって文章だって音楽もつくれてしまう。人を豊かにする可能性を知性には秘められている。それを己の自己防衛(つまらないプライド、ナルシシズム)のために使おうとするならば、人を思いやることはできず見せかけの慈善行為に始まって終わるだろう。そういう人はお金や人様からの評価ばかりに目が行きますから、人を思いやる余裕も愛する暇もありません。自分が可愛くて仕方がないんだから。そういう人には私はたいそう退屈します。優しい人は好きです。当たり前だけど、優しい人しか結局のところ愛せません。乱暴な人、私の話を聞いてくれない人、自分の知らないところで泣かれてもなんとも思わない人に、愛も魅力も感じません。至極、当たり前のことです。でも世の中には、優しい人が少ないように感じるのは、私がハズレを引き続けてるからか。生きるってつらいよね。お金があれば楽になるとも限らないんだろうということにも、最近やっと気付き始めた。きっとこの不安もおそれもずっとずっとつきまとう。でも唯一救いがある。私はまだ人を愛したいという気持ちが強く残っているどころか、日に日に増しているのだ。これを強さと呼ばずになんと呼ぼう?ムカつくことや死にたくなることやぶん殴りたくなることはあるけどそれでも人類にはまだ失望しちゃおらんよ。自分の殻に閉じこもることもせんよ。反省して改善することを続けるよ。できているかはわかりませんが。でも去年より今年、昨日より今日。そんな日々を毎日想っている。

人を愛して、愛されたら、それが一番な幸せ。きっとお金の悩みや不安で頭がおかしくなることもなくなる気がする。お金は、どんなに目の前にあっても、私が生きてても許される証拠にはならないのです。

うぬぼれに退屈

男の人のうぬぼれにはうんざりするんだ
人間として扱っていないんだって気づいた瞬間全てがサーっと白けてしまうのだ
私を情緒不安定にさせたがる人がいる、いや情緒不安定ということにしておきたがっていると言った方が正しい。私の意思はいつもはっきりしている。ただそこをグラグラとさせる人がいるから不安定になる。自分1人じゃどうしようもない、対話が必要、でも言えるはずないだろ、全部上っ面の言葉で返されるか私がビョーキ起こしてるで片付けるのだから。
例えばの話ですが、避妊をしなかった場合男性はその先のことをいつも考えて、避妊をしますか?もし妊娠したらどうするんですかね?「いや、結局しなかったじゃん」と言いたがる人もたくさんいそうだけど、結局しなかった場合の話は聞いてないんだよね、あなたもし妊娠報告されたらどうしました?って。おいおい話が大きすぎないか?なんでいきなりそんなマジんなってんだよって急にビョーキにしたがりますよね。あれだろ?生理前だから不安定になってんだろ?情緒不安定ってやつだろ?…
情緒不安定には、原因不明のものと、原因がはっきりとあるものに分かれます。原因がはっきりしているから、女は「ねぇ」と深刻な顔で近寄ります。でも男は、原因不明にさせたがる。そうしておくと都合がいいからである。これは男の防衛本能ですな。多くの男性には、これが備わっていると思います。経験上ね。
ああ結局自分のことがかーいくて仕方ないんだぁ。そういう男、いっぱいいた。
私にも非がある、お前にも非がある。そういう気持ちでいつも物事見てるよ。学ばない私断らない私なんだかんだ都合よく見てしまう私。私にもいろんなダメなところがある。でもお前にもあるよね。今はお前の非をお前自身が認めて苦しむ番なんだよって、そういう機会をこれからはきちんと与えたい。苦しめ苦しめ。今までずっと苦しんだ私のぶんも苦しめ。

私の漫画や文章は病気のおかげでできてることだから、私の病気が理解できない・しようとすらしない人に、私に正しさや健全を求めるんじゃない。(正しさ、健全とは?)
苦しんでできたものを安易に面白いと言う人は私のことをなんもわかっとらん。以上だ。


PAGE TOP