自分には才能がない
イラストレーターと名乗ってるのが恥ずかしくて安定剤を仕方なく飲んでなんとかおかしくならないように済ませている
ネガティブなことを呟くと仕事はこないのはわかっていてもつらくて仕方なくて死にたいと書かずにいられなくなる
お金に困ってなかったらよかったのに でも生きていくために仕事というのはするものなんじゃないか?
私にはもう腕を切る元気もなければODをする勇気もない
歳をとったのだ
慰めの言葉をかけられると苛立ってしまう
自分みたいな人間は生きてちゃいけないんだ、ということを根っこに生きている気持ちはなかなか普通の人には理解してもらえない 恵まれてる
きっと2ちゃんねるで毎日笑われてるんだと思いながらいつもそのことばかり考えている。怖くて見なくても書かれる内容は大体なんとなくわかる。そのための自己批判なのだ。それによって身を守っている。気にするな、と言う他人の言葉で気にしないほど私も単純な性格ではないのだ。私は幸せになる以外に気にしないというのをやれる方法はないと思う。不幸であり続ける限り私はぐるぐるぐるぐるし続ける。だから頭がおかしくなる。
ラジオから流れる音だけが心地いい
生きるのが怖い
歳をとるのが怖い
まともに働いて収入もなかったら恋なんてできない
誰もそんな人間に好意を寄せない
親が死んだら生きていくのが過酷になる
これから先待ち受けてるのは恐ろしいことばかり
耐えきれるか不安である

Tシャツの件

前に「うちで一緒にTシャツ作りませんか」って声かけられて、ちゃんと会社だしええ話やんって引き受けたんだけど。ストリート系好きだし。
第一に頼まれたのが、若い子が食いつきそうな漫画やアニメのキャラを描くことだった。私は「ラムちゃんとかセーラームーンとかですか」と言って、描くんだけど、イラストレーターとして頼まれたのになんで他の人が描いたキャラクターを私が描いてるんだ?と思って、途中で「私が描く必要がない」ということを伝えた。
最終的に私は片方だけトレース、まるまる線をなぞって納品。仕上がりは満足してくれたようだ。"""なぞっただけ"""だよ。誰にでもできるよ。それに一万円払うとかもったいないことするね。とか思った。ギャラもおかしいんですけど。
友人知人にせっかくだから「こういうのが出される」って教えるんだけど、みんな「著作権とか大丈夫なの?」と心配した。わかる。私も心配したから、私の名前出さないでくださいと言った。でも何かしてますよアピールはしたかったので、「手伝いました」とだけそえて投稿した。
「結構売れてます!」と言われるが、私の絵でもないし、買う人はラムちゃんだから買うのであって、何も嬉しくないのである。私は、次は自分の絵がいいですでないと私がやる意味がありませんと伝えるのだ。
なので次回作の話を進めて、そのほかにもだいぶアイデアを提案して一通り納品したのだ、3週間連絡が無かった。夏だから?アパレルがお盆に休むか?
嫌な予感してインスタを見に行ったら、ラムちゃんのTシャツが消えていた。ショップからも消えていた。
「オッこれぁそーいうことでいいんだなー?」
と思い、私は相手のLINEをブロックした。
幼稚な喧嘩みたいだ、と情けなくなった。
ストリート系のブランドが、よく、どう見ても著作権的にNGだろってやつを出してる。ああいう悪ノリは外から見るぶんには受け入れられるが、いざそれを作るってなると、難しいことはよくわかんないけど、何が楽しいんだろうってなる。描けばいいのに。
本当に返信が遅れただけなのかもしれないけど、でも私がただ信用失うのを金で買ってるだけな気がしたので、これでいいのだ。と思うことにする。

きじゅん

一人暮らしなんて絶対生物的に不向きだよ。やっぱり、すこしうっとおしくても人と住むって大事。ご飯を食べる時間、寝る時間、起きる時間、いやでもおんなじになる。(1階2階別々だと話が違うかもだけど)

夜更かししがちなわたしにはちょうどいい。何より会話があるっていうのが良いのだ。会話、会話は大事。

だから帰るのが辛くなる。私が弱いのか、みんなが強いのか、普通は一体どれなのかわからなくなる。基準というものは、あるほうがらくだ……


PAGE TOP