読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VITABONってやつ注文した。

日記

rocketnews24.com
これ。
面白そうだし、楽天の方が200円安い&送料無料だったから注文してみた。

電子タバコだけど、中身はタバコじゃなくてなんかビタミンが摂取できるやつっぽい。美容や健康のためというよりかは、お菓子をついつい食べちゃったりたばこが吸いたくなっちゃう時にちょうどいい道具って感じですね。
届くの楽しみ。

ちなパープルです。
最近買い物が趣味になっててやばいな〜。。

犬を飼うのに愛情は後回し

日記

f:id:vaginally:20170116152941p:plain
犬を飼い始めて早1ヶ月が経った。

犬のしつけは思っている以上に難しい。
叱り方、褒め方、トイレの覚えさせ方、待て・おすわり・ふせなどの覚えさせ方、まあ色々あるがしつけをする上でもっとも重要なのは「服従関係」らしい。
犬の社会は縦社会。ペットショップに行くと、よく子犬がギャンギャン騒ぎ始めるが、あれは歓迎しているわけでも面白がっているわけでもない。「ここは俺たちの縄張りだ、帰れ!」と言っているのだ。

とはいえどういう理由で相手が上か自分が上かを決めるのか、そこを理解していないとしつけはできない。
もっともわかりやすいのは、床よりも高い位置にいるもの=えらい、という犬側の認識。
だから通常、室内で育てる場合は必ず床で生活をさせるようにすること。間違ってもソファーやベッドの上を自由に上り下りできるようにしてはいけないし、ましてやそこで睡眠をとらせてはいけない。
その他、犬の要求には乗らないこともポイントらしい。例えばお散歩やご飯を要求されても無視。構って欲しいと吠えてきても必ず無視。犬様の要求に答えるのは、私はあなたよりも立場が下ですよってことになるらしい。

うちの犬も、最初はそういう事情を知らなかったのでソファーの上で寝てても「かわいい〜!」なんて母と喜んでいたのだが、ある日私の布団に潜り込んで眠るようになってからは態度が急変した。生意気になったのである。
この場合の修正方法としては、ソファーやベッドにのぼってきたら、すかさずリードか首輪を引っ張って下ろす。あるいは罰(後で記載)を与える。
この時必ず犬様の目をみてはいけないのがポイントらしい。目を見ること=構ってくれてる、ということなのだろう。

さて、犬様が言うことをきかなかったり、いけないことをした場合には罰を与える。
それは、犬の死角を狙って怪我はしない程度に物をぶつけて驚かせることである。
この方法を取り入れてから、入っていけない部屋には入らなくなったし、ベッドにもソファーにもなかなか上がらなくなった。
大きな声で叱ったり、目を見て「だめでしょ!ね?わかった?」なんかやったらますます犬様の行動を悪化させるだけなのだ。犬の脳みそって人間と全然違う〜。ちなみにうちではたわしを投げてます。

この服従関係をきっちりとさせれば、しつけもスムーズに行えるようになるし、したがってきちんと言うことを聞いてくれる利口な犬様になるのだということである。
愛情は後回しというこの犬の飼い方というのは、ヨーロッパ人の気質には合ってるだろうなあと思わされる。
日本のあの昔の話…なんでしたっけ…秋田犬だかを2頭面倒見れなくて遠い雪国に置いていって、数年後迎えにいったら生きていた!っていうやつ…
あれはヨーロッパ人の感覚からすると残酷だそうですね。あっちの国の人は、自分たちが世話をしてきた犬を野生に戻すことは殺すことよりも罪が重い、みたいなことをえらい人がいってました。
第二次世界大戦時は、飼い主たちが自分の分の食糧をペットに分け与えるか、ペットを飢えさせるかという選択を政府から告げられた際、「ペットの世話を他人に頼むことができないのであれば、彼らを殺すことが本当の優しさです。」という結論を出し、ペットたちを安楽死させたそうですが。
そのあとのペットロスによる鬱は結構な社会問題になったと聞いています。詳しくないのでそこらへんの歴史を本で読んでおきたいですね。

https://www.instagram.com/p/BOJleIChrox/
うちの犬、可愛くないですか?
うちのワンちゃんですが、昨日から食事時の「待て」を覚えさせる訓練をしています。
おすわりはできるものの、待てをさせてても座りながらご飯の方に寄っていくので面白すぎて大変です。ある意味、待ての姿勢はできてるからいいんだけど…
通常、犬は食事中に邪魔をされるとマジ切れするらしいんですが、うちの犬はいくら邪魔をしてもアウトオブ眼中です。バカなのかな?
犬って本当頭いいなーと最近は特に思います。何もしていないときでもずーっとこちらの様子を観察してるし、どこかへ行くとついてくるし、音がするとすぐに反応するし、とにかく本当によく観察してるなあと感心させられる。
早くお手を覚えさせたいなー

人間関係で心がけたいことリスト

日記

自分が人間関係で気をつけたいこと。

・会話の途中で自分の都合を切り出さない(相手からしたら知ったことではない。重要なことならば前もって話すべき)
・自分の都合に相手を巻き込もうとしない
・相手の都合に巻き込まれない
・「嫌われたくないから」「好かれたいから」という理由で目の前の相手との関係性を維持しない
・自分が関係を続けたいと思う相手を選んで接する
・やりもしないこと、できもしないことを口にしない/言葉にしない(例:やろうと思えばあいつのことを社会的に殺せる(そんなこと言ったことないけど))
・やれること、できることだけ口にする
・女性を気持ちよくさせるコミュニケーション能力を身につける(男性にも使えるようなら使う)
・人を褒める
・褒められたら褒め返す
・嫌味を言われても褒め返す
・ムカつく相手は誉め殺す
・ポジティブな感情を抱いたら口にする
・奢ってくれた相手にはきちんと奢りかえす
・100%後悔する場へ行かない(例:オフ会、大人数の飲み会など)
・男友達を大切に
・女友達も大切に
・自分を大切に

結局女は奢られるのが好き。

思ったこと 恋愛 読んだ本

自分よりも歳が一回り上で、かつこちらに非常に好意的な男性がいた。
わざわざ片道3000円近くかけて東京まで来ているのだから、せめて飯代くらいは奢ってくれるよな…と思って会うも、毎回割り勘だったことがある。

女に飯代を奢るべきかVS男は女に奢って当然だろ問題に決着がつくことは一生無いだろう。
自分は自分で、「割り勘の方が気が楽じゃん」と思う部分があったものの、いざ好意を積極的に示してくる年上の異性を前にしてしまうと途端に「私のことが好きなら奢れよ!」と思ってしまう。
好きだから奢ることが礼儀だとはさすがに無いけど、こちらにまだ好意が芽生えていない段階にある場合は、こちらの気をひくために飯代くらい出してくれよ、と言わずにはいられないのです。
多分、
片道3000円かけてわざわざ会いに来てくれる+ご飯の誘いも断らない=好き
って勘違いしているから、奢る必要がないというのが相手の見解なんだろうけど。
でもちょっと待ってくれ、一応私は精神障害者で稼ぎも雀の涙ということを承知の上なら、やっぱりそこは少しくらい多めに出してくれてもいいのでは!?お前、私のこと好きなんだろ!?と言いたい、言いたくて仕方なかった…!!!
私自身、そういう奢る奢らない問題でスマートに支払いを済ませてくれた男性とばかり出会って来たのが、もしかしたら教育上よろしくなかったのかもしれない。
自分にももちろん悪いところはある。
Twitterでは「1000円だけでいいよ、とか言うくらいなら初めから割り勘でいいわ」などと強がりを見せたものの、やはりいざ会計で割り勘を求められて5000円も6000円も払うことになると口から火が出そうになる勢いだ。明日は昼飯抜きだな…と思いながら、財布からお札を抜く。
女の強がりとは所詮皮肉なのです。ご理解いただけましたか?

いやいや、それにしたって私の金銭事情を知っていれば友人だってわざわざ奢ってくれたり多めに出してくれたりする。(本当に感謝しております)
いつか自分もおばさんになっちゃうんだから、いつまでも奢られることを期待して生きてはいけないのは100も承知…でも今の私はまだまだ20代前半の女の子(?)であることもまた事実。

女という生き物は「選ばれることこそが自分に価値がある」と思っています。これが女の性です。
そこをくすぐることが、女のハートを射抜くポイントになります。ですから、女の性をくすぐるのに手っ取り早いのは
「男が率先してエスコートして大事なところではお金を払う」
なのです。
美味しいお店に詳しい男はモテるとはつまりこういうこと。

結局お金が全てなのか!!と言いたくなるでしょう。そうなのです、金です。金が全てです。
この世でお金よりも価値があるものがありますか?
お金で買えないものなんて人の心くらいです。人の心はお金では買えませんが、動かすことはできます。

世の女が、いわゆるダメ男に引っかかりやすくかつズルズルと別れられずにいるのは、自分が選ばれている(必要とされている)からなんですね。ダメ男はそういう女の部分をくすぐる能力に長けているのでしょう。

さて、今回こういった学びを得たのはこの本です。

女子の人間関係

女子の人間関係

これを読んでいると、「女の取り扱いってめんどくせえ〜〜〜」とつい眉間にしわを寄せたくなりますが、逆に女を攻略するのは案外簡単なんだなという学びもありました。
女って本当にめんどくさい。身体がエロいことしか取り柄がない生き物です。でもそんな女を許して癒してあげてください。
(この記事は自分の中の”女”を癒す目的で書かれました)


PAGE TOP